大手 IT系営業 会社員時代の年収公開! 20代年収 さとマメブログ

こんにちは!ゆうきです。

このブログでは経済的自立を目指して奥さんと奮闘する日々についてまとめています。

私はつい最近(2022年1月)まで大手IT系の商社に勤めており、入社から3年9か月営業をしておりました。

これから就職、転職、営業職で悩んでいる方の参考になると思いますのでご覧ください。

このブログがおすすめな人
営業職を目指している

就職活動で悩んでいる

転職活動で悩んでいる

会社員時代 年収公開!

会社員時代 私のスペック

 

年齢       26歳

学歴       大東亜帝国卒業

部活       体育会系の部活所属

資格       ITパスポート

大手のIT系営業会社に入社しましたが、周りの同期も体育会系が多い印象でした。

とにかく気合で日々を乗り越える!

昔ながらの営業会社といった感じです。

気合い! 活動! 数字!

ゆうき

入社から転職はしておらず、3年9か月この会社で働いてきました。

最後の一年間の年収はこちらです!  ↓↓↓

IT系営業会社  3年目営業職年収

 

額面年収         710万円

手取り年収        540万円

 

手取り月給          30万円

手取りボーナス夏冬合計     170万円

 

平均残業時間/月       40時間

【年代別・年齢別】平均年収ランキング 最新版 |転職ならdoda(デューダ)

こちらのサイトでは20代の平均年収が341万円となっているので、同世代に比べて高い給料をもらえてたんだと感じます。

ノルマを達成した時の達成感と高い給料は仕事を続ける原動力となっておりました。

その反面きついノルマに追われる日々だったのも間違いありません。

入社初日に同行した先輩は、「この会社では数字が人格を形成する!」と言っておりました。

勝ち上がるには休む暇のない会社でした。

営業会社のイメージが掴めない方はこちらの動画をご覧ください。

20秒でわかります!

ゆうき

 

この映画は半沢直樹などで有名な作家・池井戸潤の小説が原作になっているミステリー映画です。

部下のパワハラ告発を機に起こる大事件の事実が明るみになるストーリーです。

しびれる展開に目が離せなくなります!

香川照之の演技で吐き気してきた!!

ゆうき

あゆか

最近見た映画で一番かも!
本編が気になる方はU-NEXTで!

ゆうき


大手IT系の営業職を経験した感想

香川照之のパワハラはやりすぎだと思いますが、まだまだこのような会社は数多くあるはずです。

時代の経過とともに少なくなっているはずですが、大手にありがちなのは支店が変わると会社が変わるということ。

配属される環境、上司によってマネジメントが変わり、精神的に追い込まれてしまう。

休職、退職者続出というのはよくありました。

ただ数字がすべての世界で自分を試したい、若くからお金を稼いで経験を積みたいという方には、間違いなくおすすめできる業種です。

ITという業界は、一言では表せないくらい広い世界ですが、今後も発展が予想されておりキャリアアップを目指す上で良い経験と知識が積める業界です。

高い給料が欲しい、ITに興味があるという方はぜひ!

売って! 売って! 売りまくれ!

ゆうき