【妊娠時の悩み】妊娠中の適切な葉酸摂取量について 葉酸を摂りすぎるとどんな影響がある?

妊娠中とくに妊娠初期に葉酸をたくさん摂ると良いとよく聞きます。

厚生労働省も葉酸の摂取を推奨していて、母子手帳にも記載があるので葉酸を摂るママも多いと思います。

いったいどれくらいの葉酸を摂ればよいのか、また摂りすぎるとどのような影響があるのでしょうか。

あゆか

どれくらい取れば良い?

妊娠中葉酸はどのくらい取れば良い?

answer
・妊娠中は1日400μgの摂取が良いとされている。

妊娠中は葉酸を1日400㎍程摂取することが必要だと言われています。

成人女性に必要な葉酸は1日240㎍なので、およそ倍の量を摂取しなければいけません。

お腹の赤ちゃんのためと自分のための葉酸なので2人分必要になります。

注意
・1日1000㎍以上は過剰摂取になるおそれがある

できるだけたくさん摂りたい葉酸ですが、1日1000㎍超えると過剰摂取になります。

葉酸は摂取した分の半分程度しか吸収されないので、過剰摂取になることは、あまりありません。ですが、サプリメントなどの用法用量を守らずにたくさん飲むと、1000㎍を超えることがあります。

サプリメントを利用する場合は用法用量をきちんと守って飲むようにしましょう。

あゆか

過剰摂取になるとどんな影響があるの?



葉酸を摂りすぎによる身体への影響

注意
・葉酸過敏症になるリスクが高くなる

・発熱や発疹、皮膚のかゆみ、呼吸障害やむくみなどの症状が現れる

1日1000㎍以上の葉酸の摂取は、過剰摂取になる恐れがあると言われています。からだによい効果のたくさんある葉酸を過剰摂取した場合、葉酸過敏症になる恐れがあります。

葉酸過敏症になると発熱や発疹、皮膚のかゆみ、呼吸障害やむくみなどの症状が現れます。また、葉酸がたくさんあっても、ビタミンB12が無いと赤血球が作られません。その結果、貧血を悪化させてしまい、下半身のしびれや運動失調などの症状がでます。

これらの症状が現れた場合、葉酸サプリを飲んでいる方は一旦飲用を中断しましょう。

それからかかりつけの産婦人科へいき、お医者さんに相談すると良いです。

【妊娠時の悩み】妊娠中の葉酸不足の影響 赤ちゃんとママへ与える影響とは

葉酸の過剰摂取が赤ちゃんにあたえる影響

注意
・妊娠後期に1日1000㎍葉酸を摂取すると胎児が喘息になるリスクが高まる

・アレルギー体質になってしまうことも

葉酸の過剰摂取はママの身体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響をあたえる恐れがあります。

妊娠中に葉酸を毎日1000㎍以上摂取すると胎児が喘息になるリスクが高まります。オーストラリアの研究で実証されていて、とくに妊娠後期の過剰摂取は要注意です。

また化学合成で作られた葉酸サプリを過剰に摂取していると化学薬品に身体が反応することがあります。その結果お腹の赤ちゃんが産まれた後にアレルギー体質になるリスクが高まります。

※これはあくまで、1000㎍を継続して摂取した場合の影響なので、あまり心配することではありませんが、葉酸の適切な摂取量をきちんと把握して、毎日葉酸を適度に摂るようにしましょう。

あゆか

ママだけでなく赤ちゃんにも影響があります!
【妊娠時の悩み】青汁に葉酸は含まれている? 手軽に葉酸を摂る方法とは

サプリメントで葉酸を摂取するときの注意点

注意
・化学合成の葉酸サプリは過剰摂取になりやすい

・海外製のサプリは摂取量に注意

手軽に1度にたくさんの葉酸を摂取できるサプリメントは楽でいいですよね。でもどんな葉酸サプリメントでも良いというわけではありません。葉酸サプリメントでも、過剰摂取になりやすいものがあります。

体内吸収率が高いので、厚生労働省は化学合成葉酸の摂取を勧めています。

しかし天然由来の葉酸に比べて、体内吸収率が良い分、過剰摂取にもなりやすいです。

値段も安いので化学合成の葉酸サプリを飲む方が多いと思います。

そんな方は1日の用法用量をしっかり守って、1日の葉酸摂取量をオーバーしないようにしましょう。

また、海外製の葉酸サプリメントは1粒で摂取できる葉酸量をしっかりチェックする必要があります。海外製のサプリは、葉酸の配合量が外国人向けなので日本人には過剰摂取になる恐れがあります。

サプリ1粒に配合されている葉酸の量をしっかりチェックし、過剰摂取にならないよう気をつけましょう。

あゆか

1日400μgを目安に摂取しましょう!
【妊娠時の悩み】妊娠中におすすめな葉酸サプリメントはどんなものがある?